トップ

赤ちゃんのアトピーはどんな症状?

乳児期の赤ちゃんのアトピー症状は生後2-3ヶ月頃から1歳の頃に湿疹となって現れます。湿疹の状態はジクジクしたものだけではなく、かさかさとした乾燥肌や、皮膚が分厚くガサガサになった苔セン化などもみられます。

あらわれる部位は顔や頭、耳の付け根がただれて切れる耳切れなどが見られます。ひじや足首など関節部分や肉付きの良い部分は皮膚が重なるため湿疹でただれやすくなります。赤ちゃんのアトピーのお悩みならこちら。

この湿疹は頭部から始まって次第に下降していき、離乳食を開始する5-6ヶ月頃にピークを迎え、1歳になる頃には顔面の湿疹はほとんど治まります。良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、2歳頃には症状が改善したり治癒することも多いです。

<赤ちゃんのアトピーの原因とは?>
人間の免疫にはTh1とTh2と呼ばれる2種類があります。Th1は外部から体内に侵入する最近から守る働きを持ち、Th2はアレルゲンの排除に関係しています。この2種類のバランスが取れず、Th2がTh1より強くなると、色々なアレルゲンに対して過剰に反応してしまいアレルギー症状が発症しやすくなります。元々胎児の状態ではTh2がTh1より強いのですが、出生と共にTh2が弱まってバランスが取れるようになります。

赤ちゃんがアトピーを発症する原因の多くは、免疫細胞のバランスの乱れが原因です。Th2が強い状態のままのため、何かのアレルゲンに対してアトピー症状が出ているとされています。この状態は1歳半から2歳頃までには自然にTh2が弱まっていきますので、赤ちゃんのアトピーもこの頃に良くなるとされています。

赤ちゃんのアトピーの原因となっているアレルゲンは様々です。ハウスダスト、有害化学物質、ストレスなど環境が原因となるアトピー以外に、赤ちゃんが乾燥肌、皮膚の常在菌、かいた汗などが原因のアトピー、そして赤ちゃんのデリケートな肌が入浴時の石鹸などの使用によりさらに皮膚のバリア機能を弱めることも原因となっていることが考えられます。

Copyright © 赤ちゃんのアトピーの原因. All rights reserved.